twentyfour-sansuu

二十四の算数 2021穀雨

二十四の算数コーナーでは、一年を24に分けた季節(二十四節気)ごとに問題を出しています。今回は穀雨の問題です。少し立ち止まって考えてみてください。 今回【穀雨】(2021年4/20~5/4)の問題〈流水算〉菅クンが動く歩道に乗って進行方向に端から端まで歩くと20秒かかります。この動く歩道に、逆方向に乗って端から端まで歩くと80秒かかります。もしこの動く歩道が止まっていると、端から端まで歩くのに何秒 […]

二十四の算数 2021清明

二十四の算数コーナーでは、一年を24に分けた季節(二十四節気)ごとに問題を出しています。今回は清明の問題です。少し立ち止まって考えてみてください。 今回【清明】(2021年4/4~4/19)の問題AからEの5人が100m競走をしました。その結果について各自が次にように発言をしましたが、本当のことを言ったのは1位の者だけで、残りの4人はウソをついています。A「私はBより順位が上だった」B「Cが1位だ […]

二十四の算数 2021春分

二十四の算数コーナーでは、一年を24に分けた季節(二十四節気)ごとに問題を出しています。今回は春分の問題です。少し立ち止まって考えてみてください。 今回【春分】(2021年3/20~4/3)の問題〈ニュートン算〉宝くじ発売窓口に発売前から行列ができていて、一定の割合で人数が増えています。発売開始後、窓口が3つなら20分で、窓口が4つなら10分で行列がなくなります。窓口が6つなら行列がなくなるのに何 […]

二十四の算数 2021啓蟄

二十四の算数 一年を24に分けた季節(二十四節気)ごとに問題を出しています。今回は啓蟄(けいちつ)の問題です。簡単すぎても難しすぎてもつまらないと思うので、手頃な問題を選んでいます。少し立ち止まって考えてみてください。 今回の啓蟄(けいちつ/令和3年3/5~3/19)の問題 1歩で1段か2段のどちらかで8段の階段を上ります。上り方は全部で何通りありますか。 (一例をあげれば「2段ー2段ー1段ー2段 […]

二十四の算数 2021雨水

二十四の算数 一年を24に分けた季節(二十四節気)ごとに問題を出しています。今回は雨水の問題です。簡単すぎても難しすぎてもつまらないと思うので、手頃な問題を選んでいます。少し立ち止まって考えてみてください。 旬なニュース(’21-02-19) NEWみんなの算数講座を「A5版/なかとじ印刷」で5講座ずつのコンパクト版としてまとめ、読みやすい形での販売ができるようになりました。従来はA4 […]

二十四の算数 2021立春

二十四の算数 一年を24に分けた季節(二十四節気)ごとに問題を出しています。今回は立春の問題です。簡単すぎても難しすぎてもつまらないと思うので、手頃な問題を選んでいます。少し立ち止まって考えてみてください。 旬なニュース 算数・数学の英語対訳本が出たみたいです。なかなか画期的ですよね。新書、電子書籍どちらでも買えるようです。ご興味がおありの方は右の画像をクリックしてください。(アマゾンに移動します […]

二十四の算数 2021大寒

今年も二十四節気(1年を24に分けた季節)ごとに算数の問題を出題します。 簡単すぎても難しすぎてもつまらないと思うので、手頃な問題を選んでいます。少し立ち止まって時間を使って考えてみてください。 〈写真〉季節ごとの美しい写真は四季おりおり快適生活様からお借りしています。 大寒(令和3年1/20~2/2)の問題 整数A、B、Cがあります。AとBをかけると330になり、AとCをかけると550になります […]