二十四の算数 2021立春

二十四の算数 2021立春

二十四の算数
一年を24に分けた季節(二十四節気)ごとに問題を出しています。
今回は立春の問題です。
簡単すぎても難しすぎてもつまらないと思うので、手頃な問題を選んでいます。少し立ち止まって考えてみてください。

旬なニュース
算数・数学の英語対訳本が出たみたいです。なかなか画期的ですよね。新書、電子書籍どちらでも買えるようです。ご興味がおありの方は右の画像をクリックしてください。(アマゾンに移動します)

立春(令和3年2/3~2/17)の問題
4つの整数があり、そのうち3つを組み合わせを変えてたし算すると、46、59、63、66になります。4つの整数の中で一番大きい整数はいくつですか?

解答方法
こちらのフォームから解答を送ってください。フォームにご記入いただいたメールアドレスに正解、不正解をお伝えし、コメントがあればお返事をします。こちらでの解答、解説は次の季節(雨水)の出題時です。

前回大寒(令和3年1/20~2/2)の問題
整数A、B、Cがあります。AとBをかけると330になり、AとCをかけると550になります。また、BとCをたすと40になります。Aはいくつですか?

前回大寒の解答
22

前回大寒の解説
同じAという数にBとCをかけた積が330と550だから、BとCの比は330:550=3:5です。BとCの和が40だから、これを3:5に分けると、B=15、C=25です。Aは330÷15または550÷25で22です。

ひとことアドバイス
A×BとA×Cの積からBとCの比を作るという点がポイントでした。言われてみればカンタンでしょうけど意外と盲点だったかもしれないですね。

感謝御礼
季節ごとの美しい写真は四季おりおり快適生活様からお借りしています。